YouTube日記「ブルーオーシャン」

自分のチャンネルが類似するであろう競合の数、最大手の規模とクオリティ

ビジネスをやる上では調べるのは当たり前の事ですが

ビジネスでなくても、すでにやっている人がどういう事をやって

どんな問題がどのように解決されているかは

新しく何かを始めるには、知っておく必要があるなと思った僕は

 

お絵描き講座、背景作画、漫画アシスタント系のチャンネルをチェックして研究しようと思いました

 

そこで驚いたのですが

なんと自分のやろうとしているコンセプト、企画を

やっている人が「0」だったということでした

 

それどころか、この界隈

めちゃくちゃブルーオーシャンだったのです。

 

ブルーオーシャン

ブルーオーシャンとは、競争相手のいない未開拓の市場という意味で使われるビジネス用語で

対義語にレッドオーシャンという言葉があります

 

レッドオーシャンをYouTube界隈でいえば、バラエティ・エンタメ系と言えるでしょうか

ヒカキン、はじめしゃちょー、ヒカル、ラファエル、東海オンエア、フィッシャーズ、水溜りボンド、レペゼン地球などなど

 

自分のようなさほど詳しくない、ちょっとYouTubeに触れただけの人間でも

これだけのタレントが出てくるわけですから、競合だらけの枠ということですね

 

 

さて、では絵描きYouTuber界隈がブルーオーシャンだというのは

何を根拠に言っているのか

有名な絵描きさんが配信をしたり、Vチューバーでもお絵かきを教えている人はたくさんいる

コンテンツはたくさんあるじゃないかと

詳しい方なら思うかもしれません。

 

しかし僕が見て分析研究し感じたことは、違いました

 

それはみんな「同じ事しかやってない」

という事でした。

 

正確に言うと

みんな「テクニックしか教えていない」んですが

 

アプローチの仕方がみんな一緒。という事です

例えていうなら、全員店売りの美味しそうなお惣菜をたくさん売っているのですが

誰一人として、通販でお惣菜の作り方レシピ本を売っていない。といいますか

 

 

そしてもう1つ絵を描ける人だからこそ陥る穴に全員が陥っていたのが……

これは、また別の機会でもいいですね(笑)

 

もう1個だけ言うならば

いわゆるバラエティ系YouTuber達が当たり前にやっていることを

絵描き界隈のYouTuberやチャンネルはほとんど誰もやってない、という事でした。

さいとうなおきさんとかはそこに気づかれて、チャンネルをやられている様で

「さすがだなぁ」と日々感心しております

 

 

 

テクニックばかり教えるのは

 

ニーズがないから

わかりやすさ優先

自分が出来る簡単な方法

テクニック以外は解説できない

 

等々理由はあると思いますが

 

誰もそれをやらない大きな理由は

「面倒くさいから」です

 

この事に自分がアシスタント会社を設立し経営し始めの頃に

まったく同じ感覚を持ちました。

 

 

じゃあ、それをやってやろうじゃないか。と

 

 

アシスタント会社を始めた頃

周りからは「そんなの無理」「出来るわけがない」と言われ

始めた最初の頃も「誰もやらない理由」を日々痛感していました

 

しかしそれでも、これを成立させるにはどうすればいいか?を考え続けて

今はスタッフ5人の小さな会社ではありますが

スタッフの平均年収280万程度の人件費を払うことが出来る会社になりました

ちなみに一般的なアシスタントの平均年収は150~200程度です

 

バリクソ低いんですよ。おまけに個人事業主扱いですので、基本は日雇い労働です

 

自分のチャンネルはまだYouTube上ではあまりピックアップされていない

視聴者の皆さんにも何をしてくれて、どういうチャンネルかイメージがついていない

 

というところでまだ伸びてはおりませんが

これから先必ずこのビジョンが当たっていることを証明してみせます。

 

 

そしてこのブログを見ている非常にレアなあなたにだけ、TwitterやYouTubeでは話さない情報で

最後を締めたいと思います。

 

もしもあなたが絵描きだったり、アシスタントだったり、何がしかの情報発信をしてみたいと思っているなら

 

YouTubeを今すぐ

始めることをオススメします。

 

5Gの時代が来る事もあります、今はググらずに調べ物をYouTubeでする層も増えてきている

という話もよく聞きます

より今以上に動画がメインの時代が来ることになると思います。

 

例えば個人の副業としてYouTubeの広告収入などが

一般的な副業化することも考えられますが

それを検討されているならなおさら、早めが良いかと思います

 

今はYouTubeは広告収益化まで登録者1000人

総再生時間4000時間という条件が付いていますが

 

これは間違いなく将来登録者数2000人、総再生時間8000時間の様に

ハードルが上がっていきます。

参入は出来ても収益化のハードルはどんどん上がっていくことは想像に難しくありません

 

だったら早めに始めて収益化のハードルが低いうちにクリアするという事も

十分戦略として検討しても良いことかと思います。

 

また個人事業主においては

顔出しでYouTubeをやることで

他社との差別化を図ることが出来ます

 

YouTube公開してまだ1ヶ月も経っておりませんが

弊社はアシスタント依頼が今月だけで新規問い合わせが

去年の4倍以上の問い合わせを頂きました

 

その理由のほとんどが

「YouTubeを見てちゃんとしてそうだな」と思ったから

でした。

 

これから先は個の時代、と言われておりますが

そういう意味でYouTubeは最強の名刺になりうるツールにかもしれません。

 

自分の人柄を商品にできる時代が来た。とも言えるかもですね

 

 

 

今更始めても…ではなく今が始めるチャンスなのではないかなと

不肖マスクザJことジョーはひしひしと思うのでございます。

 

明日はYouTube開始時に購入した機材諸々について

買ってよかったもの、失敗したものについて紹介します

 

 

https://www.youtube.com/channel/UCDqJzkNefM_q0W03T5svp_w

Advertisement