YouTube日記「アタリとは???である」

 

 

DLリンク

「アタリとは???である」

簡易解説PDF

 

5W1TW+Eチェックシート

PSD 

PDF

Clip

イラスト制作時用テンプレ

PSD

Clip

イラストテンプレ

使い方(PDF)

 

「アタリの描き方(キャラ編)」

「まずアタリをとります」

まず、そのアタリがとれないんですけど…という自分にバイバイ

 

 

1・アタリとは?

「アタリとは発注書」です

発注をかける対象は自分だったり

漫画家さんがアシスタントさんに
頼む場合は他人だったりします

そして発注書を書くためには

「何を頼むか」が具体的に
決まってないと、発注ができません

なので、まずは何を頼むかを決めます

 

以下の5つのチェックポイント

1・タイトル

2・5W1TW+E

3・見せたいもの

4・構図決め

5・資料集め

 

 

 

 

1:タイトル

タイトルだけで分かる
雰囲気が伝わるタイトルにしましょう

※慣れないうちに漠然としていたり
抽象的すぎる事ばかり書くと迷路に迷い込みます

 

 

 

2:5W1TW+E

誰が(Who)        …自分が描きたいキャラ
いつ(When)       …時間はいつ
どこで(Where)      …場所はどこ
何を(What)       …動きやポーズ
なぜ(Why)        …動きやポーズの理由
誰に対して(To Whom)  …画面内のキャラへなのか、
見ている人に向けてか

どんな感情で(+E)    …描きたいキャラの気持ち

背景はなくてもOK。

誰が・何を・なぜ
誰に対して・どんな感情で
で全然OK

ただし

「どんな感情で」
「誰に対しては」

この2つは外さない様に
キャラ描く時の肝

 

 

 

3:見せたいもの

5W1TW+1Eの
「どれ」を見せたいのか決めます

キャラメインの場合は

「何を・なぜ」
「誰に対して」
「どんな感情で」

何をとなぜは1セット

「いつ」
「どこで」

は風景メインの絵

4:構図を決める

「見せたいもの」で構図がほぼ決まる

「キャラの感情」
しっかりとキャラの顔が見える距離
アップやバストアップ

「誰に対して」
その「誰か」がいる距離に合わせて

※「誰に対して」のときは
キャラの目線が「誰に」の対象と合うことが絶対

画面内のキャラなら、そのキャラに

絵を見ている人に向けてなら
見ている人と合うように

「何を」…動きやポーズ
「なぜ」…動きやポーズの理由

見せたいポーズがどういうポーズか分かる距離まで
引く

画面全体にキャラの全身に近い絵が入る
画面内のキャラと背景の比率が7:3以上になっている

「いつ、どこで」

カメラは引き気味
キャラではなく周りの風景を見せなくてはいけないので
ロングカットに

 

 

 

 

5:資料を集める

ポーズだったら、それに近いポーズないしは同じポーズで
自分が目指している絵、あるいは写真などを用意

服や小物、背景になる場所、時間を表すものの表現

この準備段階で手を抜かない事
絵の完成度が7割決まります

 

 

 

時間と回数がコツです、絶対出来るから一緒に頑張りましょう^^

Advertisement